白髪染め選び方。今の欲求を満たすもの or 将来のためにするもの

先にお伝えしておきます。自宅で染める全ての白髪染めの商品に言えること。
「完璧な白髪染めはありません!」

 

自宅でできる白髪染めでみなさんが望むもの。「安くて」「簡単に」「傷まないで」「良く染まる」白髪染めが欲しいと。断言出来ます。100%ありません。テレビコマーシャルでも「簡単」「傷まない」「良く染まる」などと言っておりますが、必ずマイナス面やリスクがあります。

 

 

自宅で染める白髪染めを選ぶ時に、何を選んでいいのか分からないので単に「値段が安いから」「よく売れているから」だけで買ってはいけません。これでいいやと選んでしまっても「髪が傷んだ」「染まらない」「ゴワついた」などとなってしまいます。また、傷んでいることさえも分からず使い続けてしまう人も多いのです。

 

必ずある白髪染めのマイナス面、リスクは自分で選ばないといけません。その事を決めないで単に現状の欲求を満たす行為だけをしてしまうと、将来泣くことになる可能性が高くなってしまいます。これは美容院で行っても同じで白髪染め(カラーリング)とはそういうものです。白髪染めを選ぶ時は基準をどこに置くかが大事であり、自分が何を望むかで白髪染めの方法が変わります。白髪染めの考え方として、まずこの二つのどちらを第一に優先するか決めます。

 

 

  • 髪や頭皮が大事だから、傷まないもの
  • 髪や頭皮が傷んでも、とにかく良く染まるもの

 

 

髪や頭皮が傷まないものは、ヘアマニキュアになります。ヘアマニキュアは、髪の構造そのものやキューティクルをいじりませんので、髪や頭皮にダメージを与えることはほとんどありません。髪や頭皮に優しい代わりに、黒髪を明るく染めることができない白髪染めです。

 

 

とにかく良く染まるものは、ヘアカラーになります。ヘアカラーは、薬品で髪の構造そのものとキューティクルをいじって発色させるので、髪と頭皮に強い傷みが残ります。肌が敏感な方はかぶれや湿疹も出て来てしまいますし、アレルギーが発症してしまう可能性もあります。

 

特にホームヘアカラーは、誰でも同じように染められないとダメなので強い配合の薬品を使っています。白髪も黒髪もブリーチしてから色を入れるので好きな色にできます。良く染まり色持ちも良いですが、キューティクルを溶かしてしまうほどの傷みが生じてしまうことを知っておかなければいけません。

 

 

 

 

  • ヘアマニキュアは、将来のために髪や頭皮を大事にする白髪染めです。
  • ヘアカラーは、髪や頭皮が傷ついても今すぐの欲求を満たすための白髪染めです。

 

 

この二つのどちらかを選ばないと商品は選べません。この二つはカラーリングの分類が全く違い、商品が変わってくるのではなく髪が染まる仕組み自体が変わってきます。「染まらない」「傷んだ」などの感想になってしまうのは、これらを分からないまま商品を選んでしまったからです。商品を選ぶ前にヘアマニキュアかヘアカラーど染めるかを決めてから商品を選びましょう。

 

 

キューティクルは治らない!あんたの傷んだ髪は死んだのさ

 

 

カラーリングの薬事法の種類と基礎知識。医薬部外品と化粧品

 

 

ヘアマニキュアとヘアカラーの違い。メリット、デメリット

 

 

 

時代と共にホームヘアカラーからヘアマニキュアへ

近年の企業や金融、商品、職業などありとあらゆるもののリスクマネジメントやリスクヘッジと言われるリスクを軽減する動き、リスクを回避する動向、対策を行うことが当たり前の時代になってきました。白髪染めにおいてもヘアカラーの成分に対するリスクはもちろん存在します。外国ではヘアカラーの成分を禁止している国もあり、今だに何の規制もしていない日本は世界から見ると遅れています。

 

 

ホームヘアカラー(ホームカラー)はテレビコマーシャルでも頻繁に流れており、白髪染めと聞かれれば全て有名メーカーのヘアカラーを思い浮かべるのではないでしょうか。お母さんやお婆ちゃんの時代から白髪染めと言えばヘアカラーでした。

 

 

リスクを回避する動きと相まって、時代は天然素材、オーガニック、自然派などに関心が非常に高まってきました。ヘアカラーの成分が引き起こすと思われる薄毛、アレルギーを避ける動きになるのも当然の流れです。

 

定番だったヘアカラーも現在はヘアマニキュアに人気が移っております。これから白髪染めを行おうとしている世代は、時代と共により一層この傾向が強くなり、今後は自宅で行う強い配合のヘアカラーは無くなっていくような時代の流れです。ヘアカラー自体は、その人に合った配合ができる美容院だけで使う白髪染めとなるのかもしれません。

 

 

良く染まるものや痛まないものでも、めんどくさくと続かないのが女性の悲しい性です。私も特に面倒くさいのがダメなので、良く染まるものがあっても面倒臭いのは続きません。ダイエットの長い歴史でも証明済みです。痛まない、良く染まる、簡単、値段、めんどくさくない、この辺のバランスを考えてもヘアマニキュアに人気が集中するのもうなずけます。

 

 

ヘアマニキュアは染まらないと言うお母さん、お婆ちゃん

ヘアマニキュアは染まらないという概念が現在でも存在します。現在ヘアマニキュアが凄い人気でも、今の50代以上の方達はヘアカラー世代です。その方達の時代のヘアマニキュアは、一時着色料と同じようにシャンプーしたら全て落ちてしまいます。今の進化したヘアマニキュアとはまるで違いますが、どうしてもそのイメージを払拭しきれません。

 

中でも最大の原因は、ヘアカラーと比較してしまうことです。ヘアマニキュアは染まらないと言う人のほとんどが、ヘアカラーで染めていた人です。ヘアマニキュアは従来のヘアカラーを使っていた人からみると染まらないものです。

 

同じヘアカラー同士、同じヘアマニキュア同士の比較なら分かりますが、白髪染めとしての思想や仕組みが全く別なので比較にはならないのです。同じ土俵に上がれるものではありません。はじめて白髪染めをする人やカラーリングの仕組みを理解している人が、ヘアマニキュアを使っても感じることがない「染まらない」という概念。ヘアカラーを使っていた人がヘアマニキュアを使う場合は、その仕組や目的を十分理解した方がより効果的に染めることができます。

 

 

 

ヘアマニキュアは使っていたけど染まらない
ヘアマニキュアを使っていたが現行商品が染まらないと言う人は、染め方にも問題がある場合も多いです。特に女性は説明書をしっかり理解するまで見ない傾向にあります。見ても今までの経験や思い込みによる、見たような、読んだような気になってしまいます。面倒臭いですが、もう一度改めて説明書を読んで見る勇気も必要かもしれません。

 

説明書を読んでも染まらなかったと言う人は。説明書というのは、いかに簡単に、時間も短く、限られて成約の中で伝えなければいけません。基本中の基本しか書かれてません。ヘアカラーは医薬部外品ですが、ヘアマニキュアは化粧品です。化粧品と同じように使い方で多少応用が効きます。ヘアカラーとは違い、強い薬品を使っていない化粧品と同じなので少しやり方を変えても問題がありません。そのような人は、説明書どおりだけではなく、少し挑戦してもいいかもしれません。

 

トリートメントヘアマニキュア白髪染めが一番良く染まる方法

 

 

 

アレルギーと成分
ここは髪や頭皮が痛まないものが一番大事で、次に染め上がりの良さを第二にした考えに基づいた白髪染めの選び方です。そのためアレルギーの方や敏感肌の人の白髪染めの選び方はまた別の範疇になってしまいます。現在人気のヘアマニキュアの表現で「アレルギーの方で使える」とありますが、これはヘアカラーの成分で症状が出た人を対象にしています。

 

ヘアマニキュアはアレルゲンとなるヘアカラーの成分を除外しているので、ヘアカラーでアレルギー症状が出た人は使える確率が高いのです。しかし、今までにヘアマニキュアでアレルギーやかぶれが出た方が、改めてメーカーや商品を変えてヘアマニキュアを使う時は注意しないといけません。これは一般に認識されているアレルゲンと違う成分で発症してしまっているからです。このような場合は病院に行きアレルゲンとなる成分を特定してもらわなくてはいけません。

 

 

白髪染め成分一覧表。ヘアカラー、永久染毛剤の成分

 

 

アレルギーでも使える白髪染めはヘアカラーの成分がダメな人

 

 

白髪染め成分一覧表。ヘアマニキュア、半永久染毛料の成分

 

 

 

将来のため。子供のため。

 

私も若い時からカラーリングやパーマをしっぱなしで、ここ3、4年で一気に髪が薄くなり、白髪も増えてビックリしています。もちろん因果関係は断定できませんが、将来のためにこれ以上薄くなりたくないので髪や頭皮を傷めないようにしないと怖くてしかたありません。

 

特に男性は女性と違ってAGA男性型脱毛症もあり、髪が薄くなりやすいので気を付けましょう。世界で比べると日本の女性は髪が薄く、悩んでいる人が多いのはヘアカラーの成分が原因とする説もありますので気をつけることに越したことはありません。

 

 

また、お子さんがいらっしゃるなら早めに伝えておいた方がいいかもしれません。若い時に行う毛染めも同じ仕組で染めるので、成分の危険性や髪が薄くなることなど伝えることはたくさんあります。決して自然派志向になるというわけではありません。世界から見ると絶対的な危険性があるということです。知らずにやるのか、知っててやるのかでは全く違います。自分のため、お子さんのため、伝えていくのも親の役目ではないでしょうか。

 

髪が薄くなって白髪染めができなくなっても今の欲求を求めるのか?将来において、まだ、白髪染めができる喜びを感じたいか?どちらの白髪染めを選びますか?「あの時、こうしておけば良かった・・・」とならないように、ダメージが無い白髪染めを選んでおいた方がいいのではないでしょうか。

 

人気の白髪染め利尻ヘアカラートリートメントが売れる本質

 

 

子供の白髪を染めるのは親の務め。若白髪にいい白髪染めは?

 

 

ヘナを理解しないで白髪染め。そんなあなたは必ず失敗!

 

 

 

 

 

 

メーカー様へ。
美容院や理容室で染めない方のために、自宅で染める商品を分り易くお伝えしております。染め方や商品のレビューなどは人によって違いますし、メリットデメリットも違います。あくまでも私の経験と知人や協力者の意見を反映しているだけで、一消費者の意見で御座います。メーカー様への悪意などは全く御座いません。もし、お気に触る部分が御座いましたら、申し訳御座いません。