就活のため髪の色を戻す。染め直しや毛染め、髪色戻しは何でする?

茶髪を黒色の髪に染め直す時は、就職活動期間と染め直す方法と内定後にまた染め直すのか?など考えてからカラーリングしましょう。就職活動をする時に茶髪にしていた髪を黒に染め直すために、わざわざ美容院に行く人が多いです。今の時代でも就活の時は極力、黒に近い色に染めた方がいいと言われます。しかし真っ黒に染める方はあまりいないく、多少黄色み掛かっています。たしかにお固いところを目指している方は、真っ黒にする傾向はありますが、一般企業レベルだと昔よりだいぶ収まっています。

 

 

茶髪を黒色に染めるのにはヘアカラーかヘアマニキュアのカラーリング剤を使いますが、髪が傷むのを考えるとヘアマニキュアで染めた方がいいと思います。ヘアマニキュアでも若い方向けのものではなく、トリートメント系の白髪染めを使います。普通のヘアマニキュアよりトリートメント系の白髪染めの方が、白髪ではない髪を黒くする力が強いのです。髪も傷めないで染めるとこが出来ますし、技術的にも成分的にも白髪染めの方が髪にいいのです。

 

 

 

黒染めも髪色もどしも後が難しい

黒染めはするのは簡単ですが、染めてしまうと後が大変です。黒染めはヘアカラーと同じような仕組みで色を発色させますので、髪の内部に色素が残ります。この黒色を元の髪色に戻したいと思ったり、明るく染め直したいと思ってもまず難しいと思って下さい。もちろん自分ではできません。プロでもムラになる確率が高いです。

 

お店に相談すればそれなりの施術をしようとしますが、脱染にしかり、ブリーチにしかり髪はかなり傷みます。もしかしたら一回や二回では色が抜けずお金ばかり掛かってしまい、結局やらない方が良かったとなることもあります。黒染めは注意しましょう。

 

髪色戻しと聞くと本来の自分の髪色に戻してくれそうですが、そうではなく単に黒く染めるだけです。どちらかといえば若い人向けの商品に多く、手軽に使えるように宣伝販売しておりますが、黒染めと同じように取扱が難しいです。髪色戻しは、ブリーチして髪を脱色してから黒色を入れるというよりかは、ブリーチを弱めにして黒色を強く入れるような感じになることが多いです。

 

 

美容院に行かなくていいです

このようなことを踏まえると、ヘアマニキュアで染めた方が後々のことが簡単に行えるのでいいのです。しかし、高いお金を払ってまで美容院でする必要はありません。美容院でヘアマニキュアでカラーリングしても、自宅で自分でやっても色は同じ日数で落ちます。美容院でヘアマニキュアをしても一週間もしないうちに色が落ち始めて、二週間では日光にあたるともとの髪色がはっきり分かります。

 

画像でも分かるように元の染めた髪色(少し赤オレンジ系)が出てしまいます。この状態だとまた追加の染め直しをしないといけませんので、就職活動の期間をもたすことは出来ません。その都度高いお金を払わないといけませんのでもったいないです。最初から自分で行っておけば、同じ状態を保てるので非常にいいのですし、何回染めても髪がほとんど傷まないのでおすすめ出来ます。

 

 

白髪染めはヘアカラータイプとトリートメントタイプは別
白髪ではない髪にトリートメント系の白髪染めで黒に染める時は、染料を多めに使用して連続して数回行います。ある程度染まってくれば、追加の染め直しも楽になります。若い人向けのヘアマニキュアだと汗や雨ですぐに落ちてしまいますし、シャンプーしたらかなり色落ちしてしまいますので白髪染めの方がいいのです。白髪染めでもヘアカラータイプとトリートメントタイプは別になりますので気をつけましょう。

 

 

就活後の染め直し

就職活動を終了して染め直しをしたいと思ったら、トリートメント系の白髪染めを使うのをやめればいいだけですし、ヘアカラーで染めた時のプリン頭状態にもなりません。二週間もすれば本来の髪の色が出てきますので、もとに戻したい時は同じカラーリング剤を使って問題ありません。

 

ヘアマニキュアが残った状態でヘアカラーをしても問題ありませんが、見た目に好みの色になるには少し時間が掛かります。これは髪を染める時にヘアマニキュアは外側に着色するのでしょうがありませんが、二週間もすると元の髪の色が出てきますので少し待ちましょう。髪の色が気に入らないからといって、すぐにヘアカラー2連続をやっても色は出てきませんのでやめましょう。

 

トリートメント系の白髪染めを上手く利用すれば髪を傷めないで済みますし経済的です。トリートメントタイプの中では一番染まる白髪染めです。
人気の白髪染め利尻ヘアカラートリートメントが売れる本質

 

 

利尻ヘアカラートリートメント メーカー直販です。

 

 

トップページ