筆、刷毛スティック型の白髪染めの使い方、部分染めの染め方

筆が付いたスティックタイプの白髪染めを使うには慣れが必要でなかなか簡単には使えません。何も分からずいきなり使ってしまうと、まず失敗します。白髪染めが始めての人や部分染めのスティック型が初めての人用に使い方をお伝えします。特に髪の量が薄い人はこのやり方がいいと思います。

 

筆が付いたスティックタイプの白髪染めの使い方でよく言われるのが、染めたい部の髪を持ち上げ、引っ張って真っ直ぐにして塗布すると上手く塗れると言われます。しかしこれが意外と上手くいきません。肩が上がらなかったり、腕をずっとあげているのが無理だったり、手が震えてしまったりするのでなかなか思うようにいかないのです。お伝えするやり方は、無理なくできて失敗しないやり方なので参考にして頂けたら幸いです。

 

また、スティックの先端がクシ、ブラシタイプより筆の方が、髪の毛一本一本に筆がまとわりつくので、塗り残しがなくいいと思います。

 

 

 

筆、刷毛が付いたスティックタイプの白髪染めの使い方、染め方

塗る時に用意しておいた方がいいものがあります。小皿、タオル、クシ、ドライヤー、髪を持ち上げる必要があるのでしたらダッカール、ヘアクリップ、髪留めなど。

 

染める前の白髪は左右のこめかみの分け目に多くあり、前回染めたトリートメント白髪染めが褪色しています。このぐらいの白髪の範囲を染めるのにも、かなりの量の染料が必要ですし、時間も掛かります。

 

塗る時は必ず乾いた髪に塗って下さい。濡れた状態ですと色素が髪に浸透していくのに邪魔になりますし、ムラになる原因にもなります。同じように整髪料など付けないで下さい。もし塗る前にシャンプーをするのでしたら、髪はしっかり乾かしてから塗って下さい。

 

 

 

スティックタイプの染料の出し方は後ろをプッシュするか、横を押すタイプのどちらかが多いと思います。初めて出す時は何回かプッシュしないと出てきませんが、出る時は一気に出てきますので下に液垂れしないよう気を付けて下さい。

 

筆先に染料が出たらいきなり塗るのではなく、小皿などにまず出して染料の量を調整しながら塗っていきます。スティックに慣れないうちに染料を出していきなり髪に塗り始めると、頭皮に染料が付いてしまうので気を付けて下さい。

 

 

 

自分でイメージしている以上に染料は頭皮に付いてしまうので、スティックを髪に押さえつけないように塗らないといけません。髪が薄い所に塗る時は特に付いてしまいます。染料が頭皮(地肌)に付いてしまったら、すぐに拭いて下さい。

 

染料が肌に付いて乾くと、水拭きしても取れづらくなってしまうので早めに拭いて下さい。頭皮に付いてしまったら拭かないといけませんので、せっかく染めた髪の染料も拭き取ってしまうようになってしまいますので気をつけて塗らないとダメなのです。

 

 

塗る時は髪に押さえつけるように塗るのではなく、髪に「ふわっ」と触れるような感じで塗ります。染料を塗りというより「ふわっと載せて」下さい。

 

 

 

筆先には染料を多く付けて(出して)下さい。慣れるまでは節約のことは考えずタップリ塗ることを考えて下さい。地肌に付かないように生え際ギリギリの所から塗り始めます。髪を押さえ込んで塗るという感じではなく、染料をふわっと髪に載せる感じです。髪に染料が多めに付くぐらいでいいです。

 

染めたい所を一気に塗らなくていいです。ある程度の範囲に染料がいったらクシで慣らして下さい。あまり気にしなくてもいいですが、染料が塗られていない方向へとかしていくと自然な色合いにもなりいいと思います。クシでとかしても染料は思ったほど地肌にはいかないと思います。

 

 

 

慣れてくれば塗りながらすぐにクシで溶かせるようになると思います。染料を載せたところをすぐにクシでならしながらでも大丈夫です。

 

鏡で見てみて白髪が隠れていそうなら、ここで一回ドライヤーで一気に乾かしてしまいましょう。自然に乾くのを待つと数十分以上も掛かるので待ってられません。ドライヤーで乾かす時は、クシでとかしながら乾かして下さい。多めに塗った染料が髪同士をくっつけてしまい、そのままの状態で固まってしまいます。

 

ある程度乾いたら手でほぐしながらならして様子をみて下さい。染まりが薄かったり、染まってないところがあるようでしたら、同じように塗って下さい。

 

 

 

染め上がりです。今回は明るい色(ブラウン)を使用したので、このぐらいの色合いになりました。最初のうちはこのように染めた方が失敗が少ないと思います。慣れてきたら好きなように使って下さい。

 

 

本来なら黒髪の色からだとダークブラウンで染めた方がいいのですが、白髪染めが初めての人用に確認して欲しかったのであえてブラウンで染めました。

 

白髪染めに慣れていない人がヘアマニキュアやスティックタイプの白髪染めを使った時に、ブラウンのような明るい色だと染まりが薄いと感じてしまうことがあります。これは人の感じ方の違いがあります。白髪でも、元の髪色の色素や前回のカラーリングの残り、周りの黒髪との隣接により、説明書や商品の箱にあるような色にならないことも普通にあります。

 

今回はしっかり染めるヘアマニキュアタイプの白髪染めではなくても、ブラウンで一回染めただけですが染まっています。染まりが薄いとか染まっていないとかはありませんので、明るい色を選定した場合は気を付けて下さい。慣れていない人は暗めの色の方が染まっていると感じるので選定の際には参考にしてみて下さい。

 

 

最新白髪染めランキング【筆のスティックタイプ】

 

 

部分染めスティックタイプの白髪染めは難しい。選び方と特徴

 

 

トップページ

 

 


筆、刷毛スティック型の白髪染めの使い方、部分染めの染め方関連ページ

筆のスティック白髪染めは部分染め以上やリタッチなんて無理
筆の付いたスティックタイプの白髪染めは使い方が非常に難しく慣れないとまず使えません。ピンポイントならいいですが、部分染めでもリタッチとなると難しさのレベルが上がりとても普通ではできません。簡単だと思って塗っても上手くいかず染まらないとなり途中で捨ててしまう人も多いのです。範囲が広くなればなるほど手間とお金が掛かりますので、トリートメントタイプの白髪染めで全体染めを繰り返した方が断然楽なのです。
刷毛が付いたペン型白髪染めの持ち運びと保存には気をつける
部分染めに特化した筆、刷毛のスティック、ペンタイプの白髪染めを保存する場合や、外出先に持ち運ぶ際は気を付けて下さい。髪を染め終わった後、次に使う予定が決まっていなかったり、日にちが空くようでしたら筆先の染料は綺麗に拭き取って下さい。キャップの中で液垂れを起こしてしまいます。またバックなどに入れて持ち運ぶ際に、染料の出すところが押されてしまいキャップ内に出て、開けた瞬間に飛び散ってしまうのです。