白髪を紫色に染める意味。紫色に染める痛まない白髪染めは?

白髪の人が紫色にするのはちゃんと訳があります。好みだけで染めているのではありません。もちろんおしゃれだからと言う事も一因としてあります。おしゃれとは人それぞれで年代の違いもあります。男の人が中年になるとピンク色の服を着るのもそのため。白髪を紫色にするその意味とは?

 

アジア系の黒髪は、メラニン色素が抜けて白になると真っ白にはなりません。少し黄色掛かってしまいます。また、白髪が傷んだり日に焼けたりしても、より黄色掛かってきてしまいます。白人系の金髪の人は真っ白になりますが、私達があのように真っ白な白髪にはなりません。一般に黄色掛かっていることを言い換えれば「黄ばんでいる」となってしまい、少し汚いイメージになってしまいます。

 

黄ばんだ白髪が嫌だからといって真っ白に染めることは出来ません。真っ白にするのなら脱色(ブリーチ)するしかありません。脱色すると余計に髪がギシギシに傷んでしまいますのでオススメ出来ません。この黄ばんだ白髪を綺麗な白っぽい色にするためには補色を利用します。

 

補色を利用すると黄色の反対色は紫色になります。黄色と紫色は打ち消し合ってナチュラルな色合いになり、黄ばんだ白髪が薄い紫色に染まり綺麗に見えます。女性の人でおしゃれに染めたい人は強めに紫をだしているのです。けっしてみなさんが口を揃えて「紫に」と言うことではなく、色の特性と美容師さんの意見によるものが大きいのです。

 

 

色の難しさ。カラーコディネトから学ぶ毛染め、カラーリング

 

 

トップページ